交渉のポイント

過払い金返還請求に対して、サラ金側が素直に応じなかった場合、素人が交渉するのはなかなか難しいです。どうしても自力で突破できないと感じたら、専門家に依頼する他ありません。弁護士費用の捻出は痛いものですが、最後まで諦めないことが大切です

ですが専門家に依頼すれば、粘り強く交渉してくれるはずです。サラ金側が返還を渋ることは想定済みなので、そこで動転していてはいけません。サラ金側が言いくるめようとしても淡々と受け流し、冷静に返還の催促だけ行います。それで相手が根負けしてくれれば、願ったり叶ったりというものですが、中小のサラ金は意地が悪く、なかなか上手くいかないのが大半です。中には弁の立つ担当者もおり、そういう相手とはなるべく論争しないようにします。

交渉のポイントは初めから決まっているので、専門家はそういったケースの対処法を最初から頭に叩き込んでいる状態で交渉してくれるはずです。

はっきりさせたいのは返還の意思があるかどうか、ある場合はいつまでに実行するのか、というものです。もちろんそれを聞き出す前に、返還請求額は確定させておかなければなりません。仮にサラ金が返還に応じ、サラ金自身が具体的に返還金額を述べた時、その金額が自分の算出額と相違ないか、十分確認しなければならないからです。サラ金は嘘をつくもの、常に騙そうとするものだと、心得て下さい。自分の算出額を下回る額を提示してくるのは想定しておいてください。こちらが相違点を指摘しても、何とかして誤魔化そうとしてきます。その言い訳に押し切られて合意してしまうのだけは避けましょう。一度合意してしまえば、覆すことが出来なくなってしまいます。

こちら側のの算出額とほぼ相違なく、あったとしても納得の出来る差額であれば、晴れて合意に至ります。しかしと中で折れてくれる業者はまだよい部類であり、多くの業者はのらりくらりとかわします。