交渉の実際

過払い金が発覚したからといって、気弱な利用者がいきなりサラ金に向かって怒鳴り声を撒き散らすことなどできないでしょう。いえ、そのような振る舞いは必要ないのですが、少なくとも堂々と返還請求し、交渉に乗り出さなければなりません。しかし多重債務に苦しむ人にとって、サラ金の担当者は怖い存在かと思われます。今まで返済が滞るたびに、催促の電話がひっきりなしにかかり、返済期日をかなり過ぎてしまえば、自宅まで駆けつけて、催促状を置いて帰るのがサラ金のやり方です。このようなサラ金の性質を痛いほど分かっているのが利用者ですから、自分が催促する側に回っても、怖気づくのも無理はありません。ただ法的には自分が圧倒的に有利であるという事実を、よく理解することが肝要です。どんなに怖い人たちでも、法律上太刀打ちできない相手を、傷めつけることなどできません。そんなことに手を染めてしまえば、それこそサラ金の経営そのものが立ち行かなくなってしまうからです。

専門家を交えさえすれば、ほぼほぼ勝つことが約束された闘いなのですから、焦らずに、冷静に、淡々と請求すればよいのです。そういう精神状態に置かれれば、交渉を有利に運ぶことが出来ます。交渉の取掛かりは、何と言っても取引経過を掴むことです。過払い金の算出はそれを基に、丁寧に行います。計算法はどこを参照しても詳しく解説されているので、心配ないでしょう。

請求書に応じなければ、専門家がそれなりの対処をしてくれるはずですよ。