取引経過

ここで、過払い金返還請求額の根拠となる、取引経過について、説明しておきましょう。何年も借り続け、返済し続ければ、ATMの操作の都度手にする明細書は、紛失してしまうものです。保管するのも面倒になり、つい捨ててしまうのです。その場合は、取引経過をサラ金に請求する必要があります。サラ金が大手であれば、請求書の類が、自社のホームページ等で、ダウンロードできるように準備されています。そちらからダウンロードして、プリントアウトしましょう。こうした措置はサラ金の自発的なものではなく、個人情報保護法に定められているからです。個人情報保護法では、利用者の個人情報の取り扱い、管理について厳格に定めているのに加え、利用者から開示請求があれば、それに応じなければならない旨が定められています。ですから万一サラ金が開示請求に応じなければ、営業停止、貸金業登録の抹消など、重い行政処分が下されかねないのです。大抵の業者はそこまでして拒もうとはしませんから、遠慮なく請求して下さい。

開示請求は郵送が望ましいでしょう。請求方法や書式が、業者によって細かく定められている場合は、そちらに従って構いません。しかし合理的な理由でないものは、どういうことなのか問い合わせてみるのも悪くないでしょう。その結果、理由に納得できない場合は、独自の請求書を作成するとよいでしょう。サラ金の指定する請求書でなければならない決まりはありませんから、堂々と作成し、郵送して下さい。開示請求書の例はたくさん紹介されていますから、そちらを参照されるとよいでしょう。免許証の写し等を添付するのはどこも同じです。なるべく記録の付く郵送方法で送りましょう。